やっとこのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS ほんのちょっとだけ進んだ作業

<<   作成日時 : 2013/07/09 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

内部がサビサビのタンク。


錆取り作業は、面倒だから実はやりたくない作業。でもやるしかない。

事前に内部を洗浄。
続いて、給油口の部品を外してスコッチブライトで軽くこすって、手の届く範囲を物理的に錆除去。
これが結構効いて、真っ赤だった部分が結構きれいに鉄肌になりました。表面が凸凹していないのは深刻な錆ではなかったから・・・かも・・・??
どうせ薬品に頼るので、こする作業は適当で・・・
で、給油口の外枠部品やキャップをササっと取り付けて、投薬前はこんなカンジ。
画像



我ながら、非常に分かりにくい写真DA。











続いて投薬。
今回使用したのはコレ。色々ある中から選んだ理由は特に無し。あえて言うなら比較的安いから。
そして、これをたった1本だけ投入してあとは水。徹底したケチンボです。
これを2日間程、角度を変えながら放置しておこうかと。
温度が高い程効果が上がるらしいので、ここのところの強烈な日射を利用して屋外放置。
約1時間後、タンクを触ると既に暖かくなっていました。
画像

                                   うを!?スギナ発見!除草剤除草剤!!



さて、処理後にどのくらいキレイになるのが楽しみ♪

しかしこのタンク、内部にポンプ・フィルター・コックやそれらの配管類があるので、最後にはポンプを作動させて内部の汚れのチェックと掃除をしないといけません。結構面倒。
とにかくやらないと進まないので、その都度対応です。  あ゛〜面倒;




続いて、クラッチカバーの掃除。
先日、クラッチの点検時に外したカバー。
これが酷い状態で、アルミの白い腐食でガビガビ。
かつてこのカバーを入手した時、サンドブラストで処理して非常にきれいにしてもらったのですが、今はこの有様。
スコッチブライトで表面を撫でくり回した結果がコレ。
画像
画像

全っ然キレイにならん!
鏡面仕上げにするつもりは無いので、とりあえずここまで。
ただのカバーなので、別にこれでも機構上は全く問題無いのですが、美観がどうも・・・
また、このカバーの穴から除くクラッチのプレッシャープレートも同様のガビガビ。
こちらもカバーと同様の処置で使う上では全く問題無いのですが、やはり美観がどうも・・・





いっその事、ウェットブラストでキレイにしてしまいたいのですが、どうせやるなら他の部品も・・・とキリがありません。
とりあえず、このままとして保留。


他の部分の作業に着手してあまりにも汚い部品が多かったら、時間貸しのウェットブラストを利用して一気に仕上げてもいいかな??






とまあ、暑くて暑くてこれくらいしか作業が進まないのでした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほんのちょっとだけ進んだ作業 やっとこのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる